前の彼氏にされたクリ拷問が忘れられなくて、激しいオナニーを繰り返してしまっていました。
現在は訳があって親の仕事手伝うため、家事手伝いをやっています。
以前は中小企業で仕事をやっていたのですが、その頃にお付き合いをしていた彼氏との関係が今は思い出されて仕方がない状態でした。
とても激しい彼氏で、調教するのが大好きだった人でした。
前の彼氏とセックスをするようになり、私の肉体は次第に開発をされていきました。
私を縛り上げて、いろいろな道具を使って肉体を攻めてくれたのです。
特にお気に入りだったのが、クリ拷問でした。
吸引ポンプを使ってクリちゃんを吸引して肥大させて、とても敏感になったところを攻め続けるのです。
これで激しいアクメを感じることができていました。
放尿してしまうようなこともあったし、体は痙攣するし、失神してしまうようなこともたびたびでした。
その事を思い出しては、激しくオナニーを繰り返してしまうのです。
また前の彼氏にやってもらった、激しい調教をして欲しいという気持ちを我慢することができないような状況になってしまっていました。
あの時のような激しい長時間に渡るクリ拷問で、頭が変になってしまうぐらいの快楽が欲しいのです。
新しい彼を探すのは、家事手伝いの現在は難しいでしょう。
仮に彼氏と出会うチャンスがあったとして、その人がクリ拷問が好きかどうかは肉体関係を持つまではわかりません。
ドSの方との出会いを見つけたい、また調教して欲しいという考えが激しさを増すばかりです。

妄想をしながら、オナニーをするのが日課になってしまっているほどでした。
エッチな気分が我慢できなくて、ネットで検索をしてみました。
その時、私と同じようなプレイを楽しんでいる女の子のTwitterを発見しました。
裏垢を作って、セフレに調教してもらっている日々をつぶやいているのです。
そのツイートを読むと、次第にムラムラ感が激しくなってしまったのでした。
そこでフォローして話し掛けてみることにしました。
何か良い考えが聞き出せるんじゃないかという期待がありました。

 

 Twitterの裏垢で調教されている日常をつぶやいている女の子がいました。
その子のツイートを見ているだけで、心臓がバクバクする感じでした。
ツイートの内容で、前の彼氏にやってもらったような状況が鮮明に思い出されました。
パートナーがいて羨ましい気持ちがとても強く、また興味も持ってしまったのでフォローしていきました。
私のようにクリを吸引されたりもしているようです。
長時間に渡ってクリを刺激されて、理性がなくなったり意識がなくなることもあるなんて書いてあって、同じようなエッチを楽しんでいるんだなと親しみを感じてしまったのです。
まずは、リプを送ってみてやりとりを始めてみることに。
仲良くなってきたらDMでやりとりも始められました。
現在のパートナーとはインターネットで知り合ったことを教えてくれました。
インターネットを使えばクリ拷問してくれる人と知り合える、これが分かって胸が弾むような思いでした。
インターネットだったら調教したい男の人は確実にいると教えてくれたのでした。
クリ拷問をやってもらえるチャンスが、インターネットだったらありそうな予感に久しぶりに明るい気持ちになっていきました。
Twitterから無料通話アプリで話をするようになったのですが、ここでとっても詳しく出会いの方法を聞かされることになりました。
確かにインターネットスカイは、ドSのパートナーを探すことができるようですが、注意も必要なようです。
相手探しに遣うサイトはしっかりとしたものじゃないと危険なようでした。
悪意のある人たちがたくさんいるようなサイトを使うと、詐欺の被害に遭ってしまう危険性もあるとのことです。

安全に使えるサイトを教えてもらうことに成功しました。
出会い系サイトなら安心してクリ拷問してくれる男の人を探せると言ってもらえたのです。

 

 

名前:知成
性別:女性
年齢:31歳
 現在は、家事手伝いをやっている31歳です。
以前はお仕事をやっていて、その頃は彼氏がいました。
ドSな性格の方で、私をたっぷり調教してくれて快楽に導いてくれていました。
その彼と別れて、その時のことを想像しながらオナニーをしてしまいます。
特にクリ拷問が私のお気に入りでした。
またクリちゃんを拷問して欲しい気持ちが強い状態だったとき、ある女の子のTwitterを発見しました。
その子からパートナー探しの秘訣を教えてもらうことになっていきました。